ボルシチランチが人気

アルコピア50周年を記念して作られた「ボルシチランチ」


画像

アルコピアスノーカーニバルで昼食をボルシチで!とウェーブに行ってきました。
そこで目にした光景は、ボルシチランチを注文する人の多いこと。
しかも「パンにしますか?ライスにしますか?」と聞いてくる。


ボルシチは、パンで食べるのが主流ということで、お客さんからのニーズに答えたのだとか。
進化していますね。
確かに、この酸味のあるスープをパンに染み込ませて食べたらおいしかろう。
そんなことを考えていると、よだれが…。


ガッツリおなかを満たしたい私はライスを選択。
あなたならパン・ライスどっち?





↓↓ランキングに参加しています。ポッチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 岐阜情報へ(こちらをクリック)

ひだ桃源郷くぐの観光協会はこちら


ひだ道ガイドはこちら

この記事へのコメント

クマとブタ
2017年02月22日 14:36
アルコピアにスキーに行ってボルシチランチ食べて来ました。
美味しかったけれど、ビーツの入っていないスープってボルシチなのかな~?気になって調べると、確かにロシア地方の家庭料理で煮込みスープなんだけれど、赤いス-プでその色はビーツ(赤カブみたいな赤イモ)の色なんだよね。
家庭料理だから、ビーツが無かったり、苦手だったりで入れないってのはありだろうけど、レストランで出すならビーツ入れて欲しいです。知らない人は誤解してしまします。
近年、ビーツは、北海道や東北地方などでは、産直野菜として売られているのを見かける様になりました。
あれは、ボルシチ風煮込みスープです。
テレビなどで、海外のとんでもない日本食とか取り上げていることがありますが、日本人も外国の人からすれば同じ様なこと
してるのかも?って思いました。
外国人観光客の多い高山ですし、少し残念です。

この記事へのトラックバック